おたふく風邪について

おたふく風邪とは

おたふく風邪という病気は非常に有名ですが、細かい症状に関してはよく分かっていない人も少なくないようです。
最大の特徴として挙げられるのが、熱が出て耳下に腫れができるというものです。
腫れの症状は人によって度合いが違い、発熱はあるもののそれほど腫れが大きくならない人、片側に限り腫れる人、両側がかなり腫れてしまう人など多種多様です。
頬が膨れておたふくに似た顔に変わることがおたふく風邪という名称の由縁です。
口を開けた状態になると腫れているところに痛みが出るので、大きく口を開く行為が容易ではなくなります。
症状が長引く人でも約1週間で回復に向かいますが、症状が発生している間は高熱がひかないこともあるため、脱水症状を引き起こさないように心がけましょう。
極稀に発熱しない人もいますが、普通は発熱の症状が現れ、発熱により頭痛などを抱えることもあります。
発熱など風邪の症状と似ているために間違って判断してしまいがちですが、もしも耳の下が腫れているような場合は、おたふく風邪にかかっていると思いましょう。
珍しい病気ではありませんが症状は人によって大きく違うため、1度病院で診察を受けたほうが安心できます。
特に、おたふく風邪を発症してしまうのは小さな子供なのですが、子供の免疫力というのは成人よりも劣り、危ない合併症を招いてしまうリスクもあります。
それから、症状が見受けられる間は周りの人にうつしてしまう恐れもありますので、自宅で安静にしていなければなりません。
このような事柄も病院側から伝達されるので、十分に理解してくことが重要です。

 

DHAサプリの効果
元医者が教えるDHAサプリの効果・効能 おすすめサプリランキング!

相互リンクサイト様