おたふく風邪が発症した場合

おたふく風邪が発症した場合

おたふく風邪を発症したとしても、それだけで深刻な病状になってしまう確率は高くありません。
とはいえ、合併症の中には非常に危険なものもあるため、おたふく風邪を甘く見ないようにしましょう。
とりわけ合併症において生じやすいとされているのは無菌性髄膜炎になります。
頭痛や発熱だけに限らず、症状が進むとけいれんなどを引き起こしてしまいます。
とはいえ、後遺症が残るほどの症状にはならないことが大半で、おたふく風邪と無菌性髄膜炎を同時に発病しても、長くかかってもおよそ2週間で症状が消えます。
よく知られたことではありませんが、合併症として難聴が起きてしまうことがあります。
難聴は片方のみに症状が認められることが圧倒的に多いのですが、両側の耳に症状が発生することもあります。
発症するケースは珍しいのですが、難聴を引き起こしてしまうと後遺症として残ってしまうことが多いです。
おたふく風邪は子供のうちに済ましておかないと大変になると言われるのが、卵巣炎や睾丸炎の合併症を生じてしまう可能性が高いということです。
不妊症に結びつくようなことは非常に少ないですが、合併症ということで卵巣炎や睾丸炎にかかることは少なくないのです。
人によって引き起こしやすい合併症があり、この種類もたくさんあるというのが特筆すべき点です。
命が危ぶまれる合併症も存在しているので、おたふく風邪について正しい知識を持つことが求められます。
大した免疫力を持たない小さい子供に引き起こされた場合、大きな合併症に繋がってしまうこともあります。